<< ウェブがわかる本 | main | 魂の叫び--11歳の殺人者メアリー・ベルの告白 >>
見えない暗闇
0
    山田太一  1995年初版  朝日新聞社  定価1500円  売価800円  程度A帯無
    ●ゴミみたいな奴らで、世間ではいなきゃいいと思われている、そういう人たちに優しい視線を投げかける作家だなぁ、というのが、山田太一への私の印象です。それは、決して不愉快な感覚ではなくて、むしろほっとする感覚ではあります。この「見えない暗闇」も、そういう一人の男性の死をめぐって、見えないけど、見える何かをちりばめて進行をしていく。人の死に関わったことが嫌なのではなくて、そのことを世間に知られるのが、怖いという・・・。
    | 小説・エッセイ | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック