検印-2、谷崎潤一郎
0
    谷崎潤一郎の本は、初期の「春琴抄」初版は昭和14年で、22年26版ものの検印と、「瘋癲老人日記」の検印とは全然違っています。
    「春琴抄」の検印

    「春琴抄」昭和22年26版もの、創元社刊、定価45円、売価2000円

    瘋癲老人日記の検印です。この検印に変わってからは、これでづーっと通したのでしょうか。これから調べていきます。この本の初版は昭和37年です。

    瘋癲老人日記、谷崎潤一郎著、昭和37年6版、中央公論社刊、定価500円、程度Aパラフィンカバー付、函あり、美品です。売価5000円(送料込み)
    問合わせメール:femina@yn.fem.jp
    | 古書・稀観本・珍本・奥付・検印 | 21:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    検印
    0
      「検印」は、書物の奥付に、著者が発行の承認および発行部数の検査のために押す印、となっています。昔の本には、奥付の目立つところにに個人の印鑑がちゃんと朱肉で押してありました。
      この印鑑を押した紙、切手ぐらいの大きさの紙をなんというのでしょうか。知りたくてネットで検索しますが、イマイチ納得のいく名前が出てきません。単に「検印」か、「検印証」か、「検印証紙」か、「検印台紙」か。
      どなたか、ごぞんじのかたがいらっしゃったら、お教え頂くと嬉しいです。ヤフーの知恵袋でも探しましたが、見つけられませんでした。
      検印は出版社が印税をごまかさないためのもので、著者自身が家族総動員で押した、という話もあるようです。でも、千部くらいの押印ならまだしも、何万部というベストセラーに押すのは大変な手間でしょうから、いつからか「検印廃止」と印刷されるようになったそうです。
      その「検印廃止」の印刷も、いつ頃からかみられなくなりました。何年頃に変わってきたのでしょうか。おいおい調べてみようと思います。
      朱肉は、年数を経ても色あせないもののようです。
      著者は、鬼籍に入られても、本はぼろぼろになっても、一枚一枚に押した色あせない印鑑の色を眺めていると、遥かに遠い日々に想いをはせます。

      この検印は、芥川龍之介著「河童」のものです。検印証紙は4センチ×4センチもある大きな証紙です。

      昭和21年初版で、昭和26年3版です。発行は細川書店、本体に昭和2年2月11日作とあります。メクレやヨゴレ、経年ヤケのひどいものですが、中身は、ちゃんと読めますし、ばらばらになっている本では有りません。売価3000円
      問合わせメール:femina@yn.fem.jp
      | 古書・稀観本・珍本・奥付・検印 | 19:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      奥付
      0
        辞書によりますと、「奥付」は、書物の末尾に、書名・著者・発行者・印刷者・出版年月日・定価などを記した部分、と書いてあります。
        奥付も、別紙で奥付だけを印刷して、本体に糊付けされているものと


        本自体に印刷してあるものとが、あるようです。 他の方法があるのかもしれませんが、まだ、写真の二つのやり方しか見たことがありません。
        | 古書・稀観本・珍本・奥付・検印 | 19:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        生きている日本史
        0

          生きている日本史●高木健夫著、鱒書房、昭和27年9版、定価290円
          本の状態は、ひどいです。カバーには、小さな破れがありますし、小口はヤケて、茶色になっています。ただ、この本の奥付が、珍しいのではないかと思われます。奥付は、別紙が貼ってあります。本の一枚一枚に、人の手で、糊で貼ったんでしょうね。検印も高の字をくずしたものが、朱肉で押してあります。いくらだったら買ってくださるでしょうか。ご希望の方は、お問合せください。
          問合わせメール:femina@yn.fem.jp
          | 古書・稀観本・珍本・奥付・検印 | 00:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
          十二階崩壊
          0
            十二階崩壊●今東光著、中央公論社、昭和53年初版、定価980円 本の状態は、カバー有り、帯無し、ビニールカバー付き、小口は経年ヤケが少々見られ、紙魚も少しあります。ナメクジの這った痕がみられます。が、状態としては、良好だと思います。2000円ぐらいで、いかがでしょうか。 ご希望の方は、お問合せください。
            問合わせメール:femina@yn.fem.jp
            | 古書・稀観本・珍本・奥付・検印 | 00:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
            好色夜話
            0
              好色夜話●今東光著、新潮社、昭和39年初版、定価330円
              本の状態は、帯無しで、カバーの経年ヤケがひどいです。小口天はヤケと紙魚があります。破れなどはありません。1300円ぐらいでどうでしょうか。 ご希望の方は、お問合せください。
              問合わせメール:femina@yn.fem.jp
              | 古書・稀観本・珍本・奥付・検印 | 00:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
              瓣慶(弁慶)上・下巻
              0
                瓣慶(弁慶)上・下巻●今東光著、講談社、上下共に昭和41年初版、定価290円
                本の状態は、カバーの上にビニールカバーがあります。帯無しです。小口は三方共に経年ヤケがひどいです。本体は、多少ヤケていますが良好です。
                講談社刊のは、見当たりません。各2000円でいかがでしょうか。 ご希望の方は、お問合せください。
                問合わせメール:femina@yn.fem.jp
                | 古書・稀観本・珍本・奥付・検印 | 00:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                青春無頼--悪い使徒
                0
                  今東光著、悪い使徒 青春無頼--悪い使徒●今東光著、実業之日本社刊、昭和48年初版、定価750円
                  本の状態としては、小口天が経年ヤケしており、多少の紙魚があります。カバー有り、帯無し。本体、中身ともに、良品です。
                  今さんの著書は、山ほどありますが、この題名の本は、何処にも見当たりません。値のつけようがありませんが、3000円以上に値を付けてくださると嬉しいです。ご希望の方は、お問合せください。
                  問合わせメール:femina@yn.fem.jp

                  | 古書・稀観本・珍本・奥付・検印 | 00:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                  古本屋でもあまり見ない本-1
                  0
                    私の隣人はどこ?--ノラ・ロフツ作品集 Vol.1
                    ノラ・ロフツ著/野崎嘉信訳  JCA出版局  1989年初版  定価1400円  程度A  売価2000円

                    私は優雅な反逆者—-生の手記
                    廣津里香著  創樹社刊  1989年初版  定価1500円  程度A 売切れ

                    異人論--民俗社会の心性
                    小松和彦著  青土社  1986年4刷  定価1600円  程度A  売価1000円

                    現代の社会主義
                    芦田文夫編  学習の友社  1987年初版  定価1500円  程度D  売価1000円

                    わかりやすい共産主義批判--共産主義・社会民主主義・民主社会主義
                    藤原一郎著  極東出版社  昭和54年20版  定価600円  程度C  売価1000円

                    倒産にはしかたがある—-窮したときの頭のつかいかた
                    海藤守著  青春出版  昭和56年14刷  定価690円  程度B  売価1000円

                    性と知--愛の絵本
                    藤枝圭著(医学博士) 浪速書房  昭和45年初版  定価890円  程度C(経年による古さ感はあるにしても、表紙・カバー・中身、それに小口もきれいですが、背と中身の糊付けが、はがれていて、糸が見えています。)
                    医学博士が写真・図解・浮世絵入で書いてある性の話。  売価10000円

                    宮武外骨・滑稽新聞(全6冊のうち、第弐冊のみ)
                    赤瀬川原平・吉野孝雄編集  筑摩書房  昭和60年初版  定価3200円  程度B(帯・カバー・ビニールカバー付き、小口天に薄い黄色の紙魚が見られます。が、おおむね良好な品です。)  売り切れ
                    | 古書・稀観本・珍本・奥付・検印 | 11:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                    | 1/1PAGES |